デザイン住宅ならリモルデザイン

[電話でのお問い合わせ] TEL:045-360-6227

BLOG

ブログ

2018.01.26

デザイン住宅の外観を長持ちさせるならタイルがオススメ

02-7K2A5812-a.jpg

タイルは、立体感があり微妙に表面が異なりますので、デザイン住宅の外観をおしゃれな雰囲気に演出することができます。タイルには洋風、和風、モダンなタイプのものまでさまざまな種類があります。そこで、外観にタイルを使う場合の魅力について解説します。

タイルは自然素材を高温で焼き固めて作ります。独特な風合いがあり、一面に敷き詰めると相応の風格が出てくるのが特徴です。

タイルは種類が豊富でさまざまなスタイルに対応できる点も魅力です。耐候性が高く、タイル自体が劣化しにくい点もポイントです。耐久性が高く汚れや目地のカビを落とすだけでメンテナンスが済むのもタイルの外壁のメリットです。

デメリットは、タイルの施工費用が他の外壁材よりコストが高いという点です。ただし、初期費用が安い外壁は、将来的に大掛かりな張り替えや塗り直しが必要になることがあります。

長い目で考えると、タイルの外壁のコストパフォーマンスは良いと思います。タイルの施工については技術が進み、大きな地震の揺れでも剥離や落下が起きにくくなっています。

外壁の素材として人気のサイディングや塗り壁などと比べてみると、タイルとの違いは目地を見れば一目瞭然です。

タイルも、メンテナンスが必要なのはコーキング部分です。その部分のメンテナンスさえ定期的に行えば長持ちします。

<まとめ>
タイルは決しておしゃれで高級感のある外観を作るためだけのものではありません。外壁材をタイルにすると施工費用がかかるのが難点ですが、耐久性が高く、長期的に見るとメンテナンスも楽になるのが魅力です。外壁材の選択肢にタイルを加えて比較検討してみてはいかがでしょうか。

投稿者:u_remoldesign