デザイン住宅ならリモルデザイン

[電話でのお問い合わせ] TEL:045-360-6227

BLOG

ブログ

2018.02.17

デザイン住宅は植栽で大きく変わる!リモルデザインの外構事例1

デザイン住宅を建てたいと考える時、外構に手間とコストをかけるメリットは多いのです。まずは、外観の見た目が格段と向上することです。

ちょっとした植栽や門扉をデザインするだけでも、見た目の印象がかなり変わります。住宅に対する愛着も格段に向上すると思います。

このコラムでは、リモルデザインが今まで手掛けてきたデザイン住宅の中から、外構の中でも植栽に関する事例をご紹介して、外構計画のポイントをお伝えします。

04-205A9651-a.jpg

上の写真は、デザイン住宅のアプローチ部分に株立のシンボルツリーを植えた外構の事例です。

外構の中でも、見た目に大きく貢献するのが、植栽です。シンプルな外観の正面に植栽を設けることで外観の印象がより豊かになります。

シンボルツリーの樹種としては、ヒメシャラ、ヤマボウシ、イロハモミジ、カツラ、ハナミズキなどがおすすめです。植栽の位置の日照条件や、植える時期なども考慮して、シンボルツリーを選ぶようにしましょう。

04-7K2A5815-a.jpg

上の写真は、デザイン住宅のアプローチ部分に植栽を実施した外構です。高木と低木を組み合わせた植栽とすることで、奥行きのある外部空間を実現しつつ、目隠しの役割も果たしています。

すまい手も訪問者も、住宅への出入りに必ず往来するアプローチに植栽を設ければ、住宅の印象や雰囲気は大きく変わります。敷地の中でも目に触れる機会の多いアプローチには、特に植栽に力を入れるのがおすすめです。

アプローチに植える植栽は、通行に支障が起きないように、横に広がらず、剪定しやすいものが良いでしょう。シマトネリコ、ジューンベリー、アオダモなどがおすすめです。

画像 037.jpg

上の写真は、住宅と道路の間に植栽した事例です。緑が入ることで外観の印象も良くなり、庭の奥まったスペースよりも目に触れやすく、お手入れもしやすいと思います。

通行量の多い道路側に植栽を植えることで、目隠しや騒音低減効果も期待できます。

道路脇に植える植栽としては、樹種によっては排ガス等に弱いものもありますので、都市部の交通量の多い場所などには排気ガスに比較的強いハリエンジュやヒサカキなどがおすすめです。

<まとめ>
外構にかけられる予算が確保できない、敷地に余裕がないなどの理由で植栽をあきらめることはないと思います。シンボルツリーを1本植えるだけでしたら、樹種にもよりますが数万円の費用で実現できますし、費用対効果は絶大です。

リモルデザインの家づくりでは、植栽のご提案もさせていただきます。ご予算や敷地の条件に応じて、お客様の住宅にふさわしい外構計画をご提案いたします。

カテゴリ:お知らせ  投稿者:u_remoldesign