デザイン住宅ならリモルデザイン

[電話でのお問い合わせ] TEL:045-360-6227

BLOG

ブログ

2018.03.16

デザイン住宅でスッキリ暮らすための収納アイデア

32-205A8698-a.JPG


注文住宅においてなるべく収納スペースは広いほうがいいと思いがちですが、収納スペースが広すぎてほかの部屋の間取りに影響してしまっては、せっかくの新しい住宅も魅力が薄れてしまいます。また、住宅の中をスッキリと見せるためには、程よい広さの収納スペースであることがポイントです。

このコラムではデザイン住宅の間取りを考える際に収納スペースについて、スッキリ暮らすためのアイデアを紹介していきます。

30-205A5901-a.jpg

上の写真は、寝室に隣接して設けたウォークインクローゼットです。ウォークインクローゼットをたっぷり設けることで、寝室が散らからずスッキリと使うことができます。

衣類等の適切な収納スペースを実現するには、現在どのくらい衣類等があるか把握することから始めましょう。住宅の間取りを検討するときには、現在住んでいる住宅の収納スペースにどのくらいの衣類等がしまってあるのか、今の収納スペースにすべて収まっているのか、今後衣類等が増える予定はあるのかどうか、いろいろな観点から検証して計画することが重要です。

10-205A8623-a.JPG

上の写真は、玄関に隣接して設けたシューズクローゼットです。シューズクローゼットは、土間続きにして土足のままアクセスするタイプと、靴を脱いでから靴を収納するタイプがありますが、このシューズクローゼットでは前者としています。

シューズクローゼットにはドアを設けていますので、ドアを閉じると玄関はお客様を迎えるための生活感の少ない印象になります。靴だけでなく、屋外で使用するベビーカーなどを収納することもできます。

IMG_9616.JPG

上の写真は、小屋裏収納です。使用頻度の低い物は、小屋裏収納に仕舞うことがおすすめです。使用頻度の低い荷物を収納すれば、部屋のスペースを有効活用できるというわけです。

たとえば、レジャー用品などの季節製品は使う時期が限定されているため、普段から目の届く範囲にある必要はありません。また、記念品などの思い出の品も、大切に保管しておきたいですが頻繁に使用する類の物ではありません。小屋裏収納をうまく利用すれば、賢く収納することができます。

<まとめ>
使いやすい収納スペースを実現するには、住宅の中をスッキリと見せたうえで、取り出しやすくしまいやすいのが使いやすい収納スペースです。そのためには、家族の荷物をすべて把握しておくことが大切です。

家族の人数が多ければ多いほど荷物も増えますが、ウォークインクローゼット、シューズクローゼットや小屋裏収納などを活用すれば、上手に収納することができます。間取りとの兼ね合いを考えながら、ライフスタイルににあった収納スペースを実現させましょう。

カテゴリ:お知らせ  投稿者:u_remoldesign