第62回神奈川建築コンクール「鎌倉の家(森と繋がる家)」が優秀賞を受賞しました。

この度、当社建築の「鎌倉の家(森と繋がる家)」が第62回神奈川建築コンクール住宅部門において、優秀賞を受賞致しました。設計は、お施主様でもある建築家公森 信生様(2019年4月、株式会社ビヨンドアーキテクツを開業)。プロジェクトに携わったみなさま本当にありがとうございました!

審査総評

本年度の住宅部門へは51の作品が寄せられ、書類選考の結果、一般住宅、長屋、共同住宅を含む14作品が現地審査に至った。現地審査の後、審査員による投票合議を経て最優秀賞1作品、優秀賞9作品、アピール賞として2作品が選定された。

「鎌倉の家(森と繋がる家)」は、職場が都内にある設計者が土地を求め、自分と家族のために考えた住まいである。隣接する公園の緑をプライベートに楽しむための2階リビングの大空間はSE構法によるラーメン構造で実現した。家族が楽しむ場所が丁寧に作りこまれた美しい家である。首都圏にあって、優れた自然環境を有する神奈川県らしい事例の一つである。

神奈川建築コンクールより抜粋

お問い合わせ・カタログ請求

東京・神奈川エリアにて新築・リフォームをご検討中の皆様へ。注文住宅・デザイン住宅に関するご相談やカタログのお申込みは下記よりお問い合わせ下さい。

SNSでつながる

「ともに楽しむ家づくり」をテーマンに最新の建築事例や日々の活動を公開しています。当社で建築されたお客様も#remoldesignで投稿をお待ちしております。