品川の家

建築・設計趣旨

品川区内にある間口の狭い土地に計画された3階建ての狭小住宅です。都心部の住宅ということで防犯とブライバシーに配慮するために、道路に面した外壁部分にルーバーを設けたデザインとしています。1階部分に駐車スペースがあり、天井高の差を利用してスキップフロアを実現しつつ、床下空間を子供たちが遊べるスペースとして、有効に空間を活用しています。LDKには壁にタイルを貼り、子供室は一面だけカラーを変えるなど、アクセントウォールで空間を演出するインテリアとしています。

建築概要

設計リモルデザイン
建築地東京
敷地面積-
建築面積-
延床面積99㎡

その他建築実例

お問い合わせ・カタログ請求

東京・神奈川エリアにて新築・リフォームをご検討中の皆様へ。注文住宅・デザイン住宅に関するご相談やカタログのお申込みは下記よりお問い合わせ下さい。

SNSでつながる

「ともに楽しむ家づくり」をテーマンに最新の建築事例や日々の活動を公開しています。当社で建築されたお客様も#remoldesignで投稿をお待ちしております。